1/48黒騎士 その3

ども、ミノやんです。


ウェーブさんから1/35のボトムズのインジェクションキットが出るようですね。
ガ〇プラしか出さないところにはもう期待しませんので、
ウェーブさんには頑張ってもらいたいと思います。


さて1/48黒騎士です。
いまさらですが、
このキット、商品名は『ブラックグラード』となっていますが、
この名前は5代目の黒騎士の時(1話の冒頭に出てきた角ベイルのヤツ)の名前だと記憶していましたが、
商品の仕様は2代目の黒騎士の時(パイドルスピアと丸ベイルのヤツ)のですよね。

正式には、『バッシュ・ザ・ブラックナイト』だと思うのですが、
どうなんでしょうか?

詳しい人いたら教えてほしいです。


湯口のカットが終わりましたので、
パーツの歪みと離型剤落としです。
CA3K0182.jpg
今回この為にお鍋を新調しました。
今までは台所にあるお鍋を使っておりましたが、
あまり衛生的によろしくないと思いまして、
専用のお鍋を購入しました。

お鍋にパーツが浸かるくらいに水を入れて、
火に掛けます。
隠し味に中性洗剤を適量投入します。

よく混ぜながら沸騰したら、
しばらく煮込みます。

これで離型剤がきれいに落ちるわけではありませんが、
歪みを治すついでに少しでも離型剤が落ちてくれたら儲けものくらいな感じです。

次に火を止めて、
本格的に離型剤を落としていきます。
CA3K0183 - コピー
今回用意したのは、『クリームクレンザー』と『電動歯ブラシ』です。
昔は粉末のクレンザーに中性洗剤を溶いて歯ブラシでゴシゴシやっていたのですが、
世の中便利になりました。
『クリームクレンザー』は『研磨剤入り』を選びましょう。
『電動歯ブラシ』はTSUTAYAで確か398円でした。

ゴシゴシやるのは変わりませんが、
手動より遥かに効率的で楽です。

と言ってもパーツがデカいんで結構大変でしたが。

一通り洗い終わったら、
水を張りなおしたお鍋にパーツを再び投入して一煮立ちさせます。
これでパーツに付いた洗剤分をきれいに落とします。

氷水を入れておいたボールにパーツを入れて締めます。
CA3K0184.jpg
一通り洗浄が終了しました。

他にレジンパーツがありますが、
そっちは『レジンウォッシュ』に漬けて置きます。
昔は離型剤落としは、
レジンパーツの方が大変でしたが、
『レジンウォッシュ』が出てからはかなり楽になりました。

漬け置きした後に自動車用に売っている『パーツクリーナー』を吹いて歯ブラシでゴシゴシすれば、
ほぼ落ちると思います。

次は実際に組んでいくわけですが、
大型キットゆえに補強を考えないといけない所もあるので、
慎重に進めたいですぜ。
スポンサーサイト

1/48黒騎士 その2

どもミノやんです。


今日も少しですが湯口のカットをしました。
CA3K0180.jpg
こんな感じにデザインナイフ等のよく切れる刃物でカットしていきます。
丸くくり抜く部分は多少余白を残しておくのがポイントです。

CA3K0181.jpg
脚を付けてみました。
だいたい腰の辺りが1/100のガンプラくらいの高さになります。

大きいですねぇ。

とりあえず、
湯口切りがなから済んだら鍋で煮込みたいと思いますぜ。

1/48黒騎士 その1

ども、ミノやんです。


次回の『信州模型ギャラリー』に出展予定の、
海洋堂1/48黒騎士の製作にぼちぼち取り掛かることにしました。
CA3K0178 - コピー
中はこんな感じ。
CA3K0179 - コピー
ソフビキットです。

でかいです。

今は、
パーツの湯口部分を取り除いている途中です。

湯口をカットしたパーツを組んでみました。
CA3K0020 - コピー
角の開き具合がオイラのイメージよりか閉じているので、
少し開くように加工しました。


完成写真を見て分かるように、
今どきのプロポーションとは違います。

だからと言って改修するような無謀なことはするつもりはないので、
とりあえず、締め切りまでに完成を目指したいと思いますぜ。

ゾゴック

ども、ミノやんです。


ゾゴックを組みました。
部分塗装の簡単フィニッシュです。
CA3K0175.jpg
CA3K0176.jpg
CA3K0177.jpg
腕と脚の白いところだけスプレーで吹きました。
あとはクリヤーを全体に吹いてからエナメルでウォッシングしました。

ここで事件です。

気を付けてウォッシングしていましたが、
左のひじ関節とひざ関節が割れました。

いつもなら
サフを吹いて、
全塗装して、
クリヤー吹いて、
その後にウォッシングなので特に問題無いのですが、
プラ地にクリヤー(きもち薄め)で侵されてしまったようです。

とりあえず応急処置して現状は画像の状態になっています。

ほかの関節も危険が危ないのであまり派手に動かせませんが、
ガンプラをガチャガチャ動かして遊ぶような歳でも無いので、
特に支障はありません。

ウォッシング後に一日置いてからエナメル溶剤で部分的に塗料を落とします。
最後にクリヤーを全体的に吹いて完成です。

簡単フィニッシュなので、
合わせ目もそのままです。

めんどくさいし、オイラ的に気にならないのでOK。

今回、ゾゴックにどうしても盾を持たせたかったんで、
旧ザクからチョイスしましたぜ。

痛風

ども、ミノやんです。


実はオイラ、

『痛風』持ちなんです。

20代の頃に発症しているんで、
かなりのベテランさんです。

だいたいは、脚の親指の付け根か足首が痛くなります。

「なんか痛いな?」

「とりあえず普通に歩けるね」

くらいの症状が3~4日続きます。

その次の段階で

「確実に痛くなっている!」

「でも歩くのには支障は無いね」

くらいの症状が3~4日続きます。


お医者さんに行くならこのタイミングがベストです。
一応普通に動けますから。

次の段階はだいたい朝起きた時に分かります。

「洒落にならないくらいに痛い!!!」

「立ってるだけでつらい! 歩くなんて無理!!」

コレが痛みMAXの状態です。

だいたい安静にしていて2~3日くらい続きますかね。

痛い患部は二まわり程腫れます。
まともに動けません。

この状態でお医者さんに行くのは、
非常に大変です。

痛みのピークが過ぎると、
徐々に痛みが治まってきます。


痛風の流れは『尿酸値が上がる』→『尿酸が関節で結晶化する』→『痛い』という感じです。

痛くなってお医者さんに行ったら、
痛み止めと尿酸値を下げる抑える薬を処方してもらいます。

尿酸値をコントロールする薬は毎日飲み続けなければなりません。

痛くなくなってもずっとです。


ただ、何か月も経つとめんどくさくて途中でお医者さんに行かなくなっちゃうんです。

そうすると、忘れたころに

「あれ、なんか痛い?」

以下、繰り返しです。


今回、何年?か振りに再発しました。

8月の初旬くらいかな。

ただ、今回は已むに已まれない事情でお医者さんには行かなかったんです。

市販の痛み止めで乗り切ることにしました。

最初に左脚の親指の付け根、
一週間くらいしたら左足首も痛くなりました。

長い痛風歴の中でもこんなことは初めてで少々あせりました。

それでも痛み止めの効果で、
MAXの痛みは抑えられているので何とかなりました。

ですが、お盆休みも痛みが抜けないまま過ぎていき、
だいぶ落ち着いてきたと思ったら、

右足首に違和感が。

「なんか痛いな?」

気のせいだと言い聞かせながら3~4日過ぎたら、
気のせいじゃなかったです。

せめてもの救いは、
左脚と同時でなかった事です。

8月の下旬から痛くなって、9月の頭くらいに落ち着いてきました。

痛みMAXを乗り越えれば何とか動けるので、
会社を休むことなく過ごしましたが、
今回は長引き過ぎました。

そのせいで、お盆休み中にやりたかったことはほぼ出来ず、
お盆が終わっても、休日は基本的に家で安静にしていました。

模型作りたかったのに…

唯一のメリットは、お金をあまり使わないで済んだくらいですぜ。
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ミノやん

Author:ミノやん
気付いたら
いつの間にやら
アラフォーに

ミノやんです。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示